謙遜もマイナスになることがある

a0335303_20454279.jpg

とある企業のトップの方のお話を聞く機会がありました。
ある企業の社長と副社長の講話だったのですが・・・

きっと、社長も副社長も、人間的にすごーくいい人でピュアであることは間違いないです。
でもそんな“素”の部分が、時にはマイナスの印象を与えることもあるな~と思いました。

その社長さんは、亡くなられている創業者の意思をものすごく大事にされているので、
随所に創業者のお言葉を引用されてお話されます。

何十年も続いているこの会社は、創業当時の理念や方針を大事にされていて、
軸がぶれないからこそ、こうして事業を拡大していけるんだな~と感心してしまいます。

こうやって精神を受け継いでいくことは大事なことだと思うのですが、
この社長はそれが強すぎるあまり、理念や方針だけでなく、
経営のあり方、社員の立場や扱いまでも、創業者がされていたように、今されようとしています。

果たしてそれでいいのでしょうか?

会社としての軸はぶれてはいけないとは思うものの、
経営のあり方や社員の扱いについては時代の流れとともに変化すべきだと私は思います。

そして副社長さんは、自分の会社の社員たちを、
たとえ謙遜だとしても、こういう場において、「まだまだ能力が足りない」「まだまだ成長が足りない」
とおっしゃっておりました。

社員だけの場で「まだまだ成長が足りないからしっかりやりなさい!」と
喝をいれることはあっても、社員を宣伝しないといけない場において、これは適切ではないなと。。。

ビジネスとして、まだまだ能力が足りない社員に何かお願いしようなんて思いません。
こういう場では“謙遜”は不必要なものだし、むしろマイナスだな~って思います。
引き寄せの法則で考えても、こういうことを公の場でいうだけで、
ビジネスとしていい成果につながらないと思います。

一生懸命この会社で働いている社員さんたち、腹を立てるべきだよ、って思いました。
それに、自分がこの会社の社員だったら、悔しいですもん!
もしこれが謙遜でなく副社長の本心だったら、それはそれで自分への危機感も感じてしまいます。
もっとスキルアップしなきゃ!って思っちゃいます。

今回、お話を聞いて思いました。

経営者なら特に、自信をもって「わが社の社員は優秀な者たちばかりです」とか、
謙遜するのではなく、アピールすべきだと。

当たり前のことですが、「自信をもってビジネスをする」、これは本当に大事だと思います。

結果は後からついてくるもの。だからまずはふさわしい振る舞いをすべき!
って私は思います。

謙遜するのが日本人の美学みたいなところもありますが、
謙遜ばかりすると、結局は「いやいや、それほどでもないです」っていう
言葉通りの結果を招くのではないでしょうか。

夢を掴むためには、謙遜ではなく、自信をもつべき!って私は思います。



[PR]
by happy-m-style | 2015-07-29 20:53 | ~~引き寄せ力~ | Comments(0)

平日はフルタイムで働きながら、ハッピーライフプロデューサーをしている近藤真千子のブログです。お金・美・健康の3つを軸に漢方スタイリストとしての漢方理論と幸せ体質プログラムを修了して確信を得た独自理論を融合させて、日々仕事に奮闘して忙しい女性でもハッピーリッチになれるライフスタイルを提案しています。


by machiko