良い波動にするために

a0335303_12113316.jpg

満月が過ぎ、次の新月に向けて、
今日はしっかり部屋の整理をしたり、キレイにしたりと、
良い波動を作っています。

というのも、ここ最近、
スケジュールをこなすことだけにとらわれていたせいか、
「気」の循環がうまくできていなかったことで、
うまく物事が進まなかったりしていたからです。

今、社内の人間が講師をつとめる会社主催の、ある研修に毎週参加していて、
そこには私のような社員の研修生もいますが、社外の一般の方もいる、
という研修なんです。

毎回、実際に運営している店舗にも足を運んで、
実習という形で、実際のお客様にも接しながら研修する時間もあります。

全5回のプログラムで、この前は3回目の研修。

その日は、研修への参加者(研修生)は、内部2名、外部2名の4名でした。

講師の方も「何か質問や疑問があったらいつでも言ってください」とか
「今のところで質問ありませんか」と聞いてくれるので、
それに甘えて、自分がわからないことはなんでも聞いてたんです。

でもその講師の方が、マニュアルにも厳密に記載されていないやり方を、
何度も何度も、こだわって指導してくるので、
「このようにするのはなぜですか?」と場面場面で何度も理由を尋ねたのですが、
返ってくる答えは、一点張りの返しで、私は全く理解できなかったのです。

なので、研修の後に学んだことや疑問点を記載する自分の「研修シート」に書いて、
その講師の方が所属する部署の窓口に提出したのです。
ちなみにこの「研修シート」は毎回提出を求められるものなので、
むしろ研修する側が必要だとしている正当なものです。

そしたら提出した翌日、
その講師の方が所属する部署の責任者が、
勤務地が違うのに、アポもとらずにいきなり私の勤務地まで来て、
呼び出されたかと思ったら、一方的に注意をされてしまったのです。

注意された内容。それは、

講師は何度も理由を尋ねられ、限られた時間の研修において、進行の妨げになって困った。
そもそも研修生というものは、こんな疑問なんて持たないものなのに、
研修生としての反応が間違っている。

そしてこの研修シートの書き方も、みんなが見るものなんだから、言葉を選ぶべきだ。

とのこと。

たった4人の研修で、講師は質問が進行の妨げになったと言ってる!
しかもきちんと答えられなかったことを棚に上げ、質問者のせいにしてる!
そして私は自分の疑問が解決しなかったからシートに書いただけなのに、
その疑問をただの「指摘」だと捉えて、注意してる!
そしてそして、何よりも、最終的には「研修生は普通はそんな疑問を持たない」
ってシナリオ通りにならなかったことはお前のせいだと攻めている。。。

びっくりしたし、悔しさがこみ上げましたし、
一番納得できないのは、研修を受けての疑問に対して何一つ解決してもらえてないのに、
ただただ「お前が悪い」と感情的なことだけで終わったことです。

私はもちろんこの出来事を直属の上司に報告しました。
上司に「こんなことになっていて、ご迷惑をおかけしてすみません。」というと、
「こんなん全然迷惑じゃないからええよ!あっちが言ってることも納得できないし。」
と言ってくれて、本当に救われる思いでした。

そしてそのあと、同じ会社の方とのプライベートの集まりで、
姉ちゃまと慕う先輩の前で、あまりの理不尽さと悔しさを思い出し号泣。

最悪な出来事があったけれども、それがあったことで改めて
私には自分を信じてくれて応援してくれる人たちがいて、
そんな人たちに支えられてるな~と、感謝でいっぱいになりました。
本当にありがたい。
そう思って、また泣いちゃうんです(笑)

まぁ、思い出すたびに腹は立つけど、吐き出したことでスッキリして、
今は良い波動を作って次の研修に参加しようとしている次第です(笑)

なんかうまくいかないことが重なってきたら、
単純ですごく簡単なことなんだけど、
お部屋など身の回りを整理して、キレイにすることが何よりもオススメ!

キレイになった空間には、良い「気」が流れ出し、
それが循環したら、良い波動を作って、わけのわからない人は寄せ付けなくなるはずだから。

それから、私は肉を食べて、エネルギー補給したいと思います(笑)


[PR]
by happy-m-style | 2017-02-12 12:16 | ~~引き寄せ力~ | Comments(0)

平日はフルタイムで働きながら、ハッピーライフプロデューサーをしている近藤真千子のブログです。お金・美・健康の3つを軸に漢方スタイリストとしての漢方理論と幸せ体質プログラムを修了して確信を得た独自理論を融合させて、日々仕事に奮闘して忙しい女性でもハッピーリッチになれるライフスタイルを提案しています。


by machiko