『恋する食卓♡漢方編』でハッピーリッチに!

a0335303_22142692.jpg

↑この「気巡茶」は漢方を取り入れたブレンド茶で、「からだ巡茶」のもととなったお茶です。
漢方では、いろんな要素を組み合わせる(ブレンドする)のが特長です^^

『恋する食卓♡漢方編』の講座に関して、
いろいろなお問い合わせをいただきましたので、ここで回答させていただきますね018.gif

Q1:漢方って、(漢方)薬のことを教えてくれるのですか?

A1:いいえ。この『恋する食卓♡漢方編』では漢方薬のお話はしません。
「漢方=漢方薬」というイメージをもらたれている方も多いと思いますが、
「漢方=漢方薬」ではなく、心身ともに快適に毎日を過ごすために、
日本の気候風土、日本人の心と身体に合わせて育まれた伝統的な考え方のことです。

ということで、私が何のお話をするかというと・・・
漢方の考え方を利用して、豊かな生活を送るための“心”と“身体”のお話をします。
そして私の講座特有ですが、“恋愛”のお話を絡めちゃいます。
漢方の考え方は、恋愛に役立つ要素がいっぱいなので、取り入れる価値あると思います!

Q2:料理はでてくるのですか?

A2:いいえ。「恋する食卓」シリーズではありますが、料理は出てきません。
何気ない毎日の食事にも漢方の考え方を取り入れてほしいのですが、
今回提案するのは、その食事そのものではありません。
また「漢方=薬膳」というイメージをもたれている方も多いと思いますが、
この講座では“薬膳”の要素が中心のお話はしません。
食材そのものが中心というよりは、取り入れ方・考え方が中心です。

Q3:薬膳と何が違うのですか?

A3:A2と似たような疑問だと思いますが、
“漢方”が、豊かな生活を送るために役立つヒントや生活の知恵となる考え方とすると、
“薬膳”は、その知恵を食事に活かすこと、と言えます。
“漢方”の考えに未病(=肩こり、ニキビ、便秘、不眠、冷えなど身体が何らかのサインを出している状態)を
病が芽生える初期の段階で未然に防ぐ、という考え方があり、
その必要な知識が漢方には備わっているのですが、
それを毎日の食事で取り入れていくのが、“薬膳”なのです。

今回の講座では、薬膳の講座のように、
「こんなときにはこの食材を取り入れる」ということがメインのお話はしませんが、
あなたが、美しく健康的に、そしてお金も引き寄せ、ステキな男性も引き寄せることができる、
“心”と“身体”のお話はします。

Q4:受けたらどうなるんですか?

A4:この質問だけ活字にするとなんだか強烈ですね(笑)
面白い質問!って思いました^^何を得られるのか気になるのが人間の心理だと思います^^

この講座を受けると・・・
あなたの心と身体のつながりを自分自身で理解できるようになるはずです!
それは、あなたが美しく健康的になるだけでなく、お金や男性を引き寄せることにもつながります。
自分自身の心と身体のバランスがよくなるってことは、
大好きな人との距離感もきちんとバランスよく保つことができるということです。
そして、自然と毎日の食卓も「恋する食卓」になるはずです。

例えば、、、
「好きな人を想い過ぎるあまりについついウザイ行動に出ちゃって、
それが原因でうまくいかないことが多い」という人は、
“陰陽のバランス”を理解するだけで、自分の心身をコントロールできるようになるかもしれません。

講座で詳しくお話しますが、この“陰陽のバランス”はいろんな場面で活用することができます。

「恋愛での相手との距離感」はもちろんのこと、
快眠のヒントにもなったり、美容と健康のヒントにもなったり、
私の場合は“株価チャート”と連動して見えてきちゃうので、
株の売買での心理を探るのにも活用したりしてますf^^

というように、漢方の考え方は豊かな生活(=ハッピーリッチな生活)を送るためのヒントがいっぱいです!

あなたも漢方の考え方を日常の「恋する食卓」に取り入れて、
あなたのステキなライフスタイルを、よりハッピーリッチにしませんか?

『恋する食卓♡漢方編』の講座は
8月30日(日)10時30分~ air-feel にて開催いたします043.gif

興味を持たれた方はこちらをご覧ください↓↓↓
恋する食卓・漢方編 および 漢方で恋愛♪


[PR]
by happy-m-style | 2015-08-10 22:23 | ~~講座・ワークショップ~ | Comments(0)

平日はフルタイムで働きながら、ハッピーライフプロデューサーをしている近藤真千子のブログです。お金・美・健康の3つを軸に漢方スタイリストとしての漢方理論と幸せ体質プログラムを修了して確信を得た独自理論を融合させて、日々仕事に奮闘して忙しい女性でもハッピーリッチになれるライフスタイルを提案しています。


by machiko