リアル『孤独のグルメ』!変化したランチタイム

a0335303_16115210.jpg

今季もテレビドラマ『孤独のグルメ』を観るのが習慣になっている、
Happy M-Style ハッピーライフプロデューサーの近藤真千子です101.png

『孤独のグルメ』は、主人公が仕事の合間に食事を満喫するストーリー。

働き方創造の取り組みがスタートして、
まさに私はこの『孤独のグルメ』の主人公のように、
ランチの時間を満喫しています^^

ほとんどの会社員は、例えば12時~13時までがお昼時間と決まっていますよね。

以前の働き方だと、私がお勤めさせていただいている会社も時間が決められていました。
その時間に一斉にお昼休憩が始まるので、外食するにしてもお店は混み合っているし、
お弁当を買うにも人が群がっているし、会社内の休憩スペースも混み合うし、
お昼ごはんを食べ終えたら、今度はトイレが混み合うし…。

しかも、例えば1時間のお昼時間が与えられていても、
なんだか気持ち的に「遅れてはいけない」って早く切り上げて、デスクに座るという、
見えないプレッシャー的なものに、自ら勝手にストレスを蓄積していたり…。

でも、フレックス勤務で、自由にお昼時間を設定できる今の私は、
あんなに慌ただしく過ごしていたお昼時間から、
本当の意味で、お昼の「休憩」をしっかりとれているのです!

まさに、ハッピーリッチに過ごせている、って感じです110.png

そもそも、ハッピーリッチなライフスタイルでなかったころの私は、
オフィス街の通りで売っている、300円や400円のお弁当すらも
「高っ!!!」と感じて、購入できず、質素な手作りお弁当を持ってきていました。

外食するなんて、ありえなかったあの頃。。。

それから、私の中に“ハッピーリッチ”という思考が生まれてからは、
だんだんとお昼ごはんにお金をかけることができてきて、
お弁当屋さんが売りに来るお弁当を普通に買えるように(笑)

そしたら、「お金がない」という状況に支配されなくなったり、
気持ちに余裕が持ててきて、他のこともうまくいくようになりました^^

そして、だんだん“ハッピーリッチ”力が高まってくると、
お弁当を卒業して、毎日外食できるように(笑)

それでも会社員としてはお昼時間が決められていたので、
お昼の外食をわがままに満喫する!、ってまではできていなかったんです。

でも今は、お昼の外食をわがままに満喫できちゃっています110.png

自分で時間を決めれるので、まず他の人とかぶらない時間からお昼時間を始められる。
そして、お昼時間は必要な時間だけ設定できるので、
おいしい食事を本当に味わって堪能して、幸せな気持ちになりながら、休憩できる、って状態です。

それによって、おいしい食事を楽しむ、ってことだけじゃなくて、
ストレスもないし、なにより、午後からの仕事を「頑張ろう!」っていうスイッチも入って、
効率もアップ!!!

タイムマネジメントをきちんとして、
セルフマネジメントをするってことは大変なこと。
あからさまに個人の“能力の差”が出ます。
でも自分のものにして、自分が働きやすい環境を自分で作る、
これって、これから求められる能力だと思います。

だからこそ、私がお伝えしている“ハッピーリッチ”って大事!

私の講座を受けられた経験のある方は、この“ハッピーリッチ”に少しでも触れていますし、
もうすでに“ハッピーリッチ”を手にできている人もいるはず!
そんな皆さんはこれからの「新しい働き方」を満喫できるはずですよ101.png


[PR]
by happy-m-style | 2018-05-11 16:13 | ~~働き方改革(新しい働き方の創造) | Comments(0)

平日はフルタイムで働きながら、ハッピーライフプロデューサーをしている近藤真千子のブログです。お金・美・健康の3つを軸に漢方スタイリストとしての漢方理論と幸せ体質プログラムを修了して確信を得た独自理論を融合させて、日々仕事に奮闘して忙しい女性でもハッピーリッチになれるライフスタイルを提案しています。


by machiko